医療法人 実り会 ながしま内科

名古屋市港区の内科、糖尿病内分泌内科、小児科、循環器内科 ながしま内科

〒455-0857 愛知県名古屋市港区秋葉2-7-1
TEL:052-303-6615
24時間ネット受付
トップページ»  糖尿病教室

糖尿病教室

当院の取り組み

当院が力を入れて取り組んでいることの一つが糖尿病教室です。
糖尿病教室では医師、看護師、薬剤師、管理栄養士が糖尿病についてや治療についてお伝えしています。当院の糖尿病教室の一番の目的は、通院でも血糖値を改善し、維持できるようにすることです。入院して食事や生活を改善するという方法もあり、この場合も糖尿病について学ぶ時間を設けているところが多いです。しかし、退院すると病院と同じような生活をすることは難しく、結局もとの生活に戻ってしまう場合もあると思います。そこで当院では通院しながら、ご自分の生活に合わせてできることから取り組んでいただきたいと考えています。そのヒントを得る場として、糖尿病教室を開催しています。糖尿病の基本的な内容が中心ですが、少しでも知識を持っていることで意識が変わり、良い治療につながります。また、糖尿病歴が長い方でも、今の生活を見直すきっかけにもなりますし、新しいことを得る機会にもなると思います。糖尿病と診断された方だけでなく、そのご家族の方、将来糖尿病が気になる方など、どなたでもご参加いただけます。スライドを使ってお話しするだけでなく、クイズや患者様同士の交流の時間を作るなどして、楽しく学んでいただけるように取り組んでいますので、多くの方にご参加いただけたら嬉しいです。

 

内容及び日程のご案内

【日時・内容】 6月19日(土) 14:00~15:00(受付 13:45~)
※2021年5月の教室はコロナウイルス感染拡大中のため延期致します。
【場所】   ながしま内科 待合室
【参加費用】 保険自己負担3割の方640円
【参加費用】 保険自己負担2割の方430円
【参加費用】 保険自己負担1割の方210円
当日は診察券、糖尿病手帳をご持参ください。
来院時またはお電話にてご予約ください。052-303-6615
当日参加も大歓迎です。

 

開催のご報告

*2021年4月15日(土)開催*

 〇フットケアについて
足病変は糖尿病の合併症のひとつです。糖尿病の患者さんは足にトラブルが起きやすく注意が必要です。トラブルの原因として神経障害の影響や血流の悪さ、感染症のかかりやすさ等があげられます。足を守るために毎日の足チェックやけがをしないように過ごすことが大切になってきます。
 
〇腎臓を守る食事
糖尿病の3大合併症(神経障害・網膜症・腎症)のひとつ腎症について今回は焦点をあててお話しました。腎臓の位置や働き、腎臓の機能を測る検査について、また腎症を予防するための食事や生活について具体的に説明しました。腎臓について詳しく聞くのは初めてという方も多く新しい知識を提供できる機会となり、喜んで頂けました。
今後の血糖管理に活かして頂けたら幸いです。

 

*2021年3月27日(土)開催*

 ○みんなでエクササイズ!
新型コロナウイルスがなかなか終息せず、思うように出かけられない日々が続いています。その結果、活動量が減り、反対に間食が増えてしまうというお声をよく耳にします。そこで今回は、自宅でできる運動をご紹介し、実際に皆さんでやってみました。参加した方からは「身体がポカポカした」「いつものストレッチに取り入れてみます」といった感想をいただきました。


○たんぱく質足りてますか?
普段の食事で気にかけていることは何でしょうか。野菜をたくさん食べること、ご飯を減らすことなど、血糖値を良好に保つために気をつけるポイントはいくつかあります。その中でもたんぱく質について意識したことはあるでしょうか。今回は糖尿病とたんぱく質についてお話しし、たんぱく質の大切さを学んでいただきました。そして、どれくらいのたんぱく質を摂ったら良いのかについても知っていただきました。

*2020年12月19日(土)開催*

 ○みんなでエクササイズ
新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が増えていると思います。そんな時だからこそ室内で手軽にできる運動を紹介しました。初めに運動を行うことの利点を説明し、腹式呼吸や肩ほぐし運動といったストレッチや、膝上げ&キックなどの筋力トレーニングを紹介しました。皆様にも実践していただき、「イスに座ったままできるのでやってみたい」「身体を動かすとぽかぽかする」といった感想をいただきました。  

○年末年始の過ごし方
年末年始は1年の中でも体重が増加しやすく、その後のHbA1cを悪化させやすい時期です。そこで、年末年始も血糖値を良好に保つために気をつけていただきたいことを説明しました。野菜から食べること、よく噛んで食べることは普段から気を付けていただいていることですが、この他にもだらだらと食事を摂らないことや目につくところに食べ物を置かないことを説明しました。また間食が増えないようにルールを決めること、毎日体重を測定することもポイントに挙げました。これまでの年末年始の過ごし方を振り返り、今後の食事療法に対するモチベーションアップに繋げられました。

 

 

*2020年11月28日(土)開催*

 ○院長に聞く!糖尿病のギモン
今回は患者様から糖尿病について聞きたいこと・知りたいことを院長が回答するという質問形式で行いました。患者様からはウォーキングを毎日する場合としない場合ではHbA1cに差があるか、インスリンの出る量によってHbA1cは変わるのか、ビタミン剤やコラーゲンなどの健康食品は飲んでも良いか、などの質問が挙がりました。これらの質問に対して院長は、有酸素運動と合わせて筋力トレーニングを行うことが効果的であることを話したり、日本人と糖尿病の関係や気を付けたい食品などを説明しました。患者様からは「分かりやすくて勉強になった」、「今日からまた頑張ります」といったお声をいただきました。
 

○美味しく取り組む食事療法
食事療法を無理なく続けるために、人工甘味料や低カロリーのレトルト食品を紹介しました。糖尿病の食事療法は制限が多くて辛いという印象を少しでもなくし、前向きに取り組んでいただきたいです。
 

〇試食について

今回は「低糖質でも美味しい!豆乳プリン」を試食していただきました。人工甘味料を使用することで、砂糖を使用した場合よりも糖質をカットしました。「簡単で美味しい」、「血糖値にも影響を与えにくくてさらに美味しい」という感想をいただきました。レンジで簡単にできますので、ご自宅でも作っていただきたいです。

 

 

*2020年10月22日(木)開催*

〇糖尿病の三大合併症について

糖尿病はで血糖値を正常にコントロールすることが重要です。糖尿病は、予備軍から動脈硬化が発症・進展します。糖尿病と診断されても自覚症状がないからと治療を怠れば、神経障害、網膜症、腎症を発症します。糖尿病の治療では、できるだけ初期の段階で血糖コントロールを開始することが大血管障害や細小血管障害といった糖尿病合併症のリスクを回避する上で重要です。

 

〇糖尿病と骨粗鬆症

今回は糖尿病と骨粗鬆症について題材にしました。骨粗鬆症のリスク因子には老化以外にも様々な要因があり、その一つが糖尿病です。骨粗鬆症による骨折は「寝たきり」の原因になります。骨粗鬆症と糖尿病がどのように関係しているのかを理解した上で骨折を予防することが大切になります。今回の教室をきっかけに骨粗鬆症による骨折を予防する生活や行動につなげていただけると嬉しいです。

 

〇試食について

今回は「簡単にカルシウム摂取! ぱりぱりチーズせんべい」を試食していただきました。

手軽にカルシウムを摂取できるように身近な食材かつ短時間で出来るメニューを提供しました。特別な味付けはしていませんが、患者様からは「塩気があって良い」「簡単でおいしい」といった感想をいただきました。しらす以外にも様々なトッピングでお楽しみ下さい。

 

 

*2020年9月26日(土)開催*

〇これだけは押さえておきたい!~糖尿病と薬~

糖尿病の薬は作用方法や作用時間などによっていくつか種類があります。自分が飲んでいる薬はどのような薬なのか知っておくことで正しい治療につながります。そこで今回は薬剤師さんから糖尿病の薬について説明していただき、その特徴を学んでいただきました。例えば飲んでからすぐに効き始める薬は飲んでから食事までの時間が空くと低血糖を起こすリスクが高まるため食直前に飲むことや、糖を尿と一緒に出す薬は脱水に注意するといったお話がありました。どんな薬が処方されているか、薬に関心を持っていただけたらと思います。

〇今から備える災害の日

9月1日は「防災の日」ということで災害をテーマにしました。非常用持ち出し袋の中身など、どの方にも共通することに加え、糖尿病の方に向けて自分の情報をまとめておくことや、災害時の食事でも糖尿病を悪化させないためのポイントなどについてお話ししました。災害について考える機会はあまりないと思いますが、もしもの時のために今から備えておくことが大切です。

〇試食について

今回は「袋に入れて混ぜるだけ!切り干し大根のごまマヨ和え」を試食していただきました。常備しておける切り干し大根とツナの缶詰を使い、また材料を袋に入れて混ぜれば完成するという、災害時にも作ることができるレシピになっています。切り干し大根は水で戻したり、加熱したりしないで使いましたが患者様からは「面白い歯ごたえ!」「簡単でおいしい」といった感想をいただきました。食物繊維も摂れるので、普段の食事にもおすすめです。

 

*2020年8月20日(木)開催*

〇検査について

今回は糖尿病の検査についてお話ししました。検査にもいくつか種類があります。糖尿病の状態を調べる検査、合併症を調べる検査、そして体重や血圧も大事な検査になります。
それぞれの検査で何を調べているのか、何のために調べるのか知っていただくことで、自分の状態を知り、前向きな治療につなげられたらと思っています。

〇間食とおやつ

血糖コントロールのためには甘いものは良くないと思うけどやっぱり食べたい!という方も間食を上手く取り入れて、我慢しすぎないで食事療法に取り組んでいただきたいと思い、この内容についてお話ししました。まず間食を摂った時の血糖値の変動や、何を食べるとどれくらい血糖値が上がるかを知っていただき、それを踏まえてどのように間食と付き合っていくかお伝えしました。

〇試食について

今回の試食は「豆腐の抹茶アイス」を試食していただきました。暑い夏に食べたくなるアイスクリームを豆腐を使ってカロリーを抑えました。また抹茶以外にもココアやきなこでもアレンジできるので、飽きずに食べられるレシピとなっています。患者様からは「後味がすっきりしている」「アレンジができていいね」といった感想をいただきました。

〇いつもの生活に プラス 運動習慣

今回から新しく、自宅などでの隙間時間にできる体操や運動を紹介し、実践する時間を作りました。なかなか外に出られない時ですが隙間時間に取り組んでいただけるきっかけになればと思っています。
毎回その場でできる簡単な運動や体操を紹介していきますのでお楽しみに。

 

*2020年7月25日(土)開催*

〇レッツ・ダイエット!

始めに運動と血糖値の関係について学んでいただきました。その後、雨の多いこの時期に家の中でも運動していただけるよう、いくつか運動を紹介し、実際にやっていただきました。運動しているときの呼吸や使っている部位を意識しながら、できる範囲で取り組んでいただきました。少しつらい運動もありましたが、みんなでやることで楽しく行うことができました。

〇自分に合ったダイエットを

「ダイエット」と聞くと「食べたいものが食べられない」「運動しなければいけない」といったマイナスのイメージがありませんか。ダイエットの本来の意味は「健康や美容のため、肥満を予防・改善するために余分を削ること」です。ダイエットを前向きにとらえることで今までとは違う気持ちで取り組めるのではないでしょうか。今回は「ダイエット」の本来の意味と取り組むときのポイントについて学んでいただきました。そして自分に合ったダイエットを見つけ、継続して取り組んでいただけたらと思っています。

〇試食について

今回は「じゅわっとなすの生姜和え」を試食していただきました。
レンジ調理で夏でも手軽に作っていただけるように考えました。また生姜ダレが染み込みやすいよう、なすを手で裂いてみました。患者様からは「簡単で作りやすい」「酢を入れても良さそう」といったご感想をいただきました。

 

*2020年6月25日(木)開催*

〇フットケアについて 看護師

これからの時期、裸足での生活が増えてきます。そのため寒い時期よりケガをする危険性が高まります。そこで足を定期的にチェックしていただきたいこと、またそのポイントについてお話ししました。実際にどのような変化があるのか写真を見ていただきフットケアの大切さを学んでいただきました。

〇糖尿病と感染症 管理栄養士

緊急事態宣言が解除され、外出する機会が増えたと思います。そんな時期だからこそ、感染症について改めて知っていただきたいと思い、前回と同様のテーマでお話ししました。手洗い方法に加え、マスクのつけ方・外し方、マスク熱中症についてお話ししました。

〇試食について

今回は「キャベツとアスパラのさっぱりサラダ」を試食していただきました。患者さまからは「キャベツに火を通すことでたくさん食べられますね。」「家でも作ってみます。」といった感想をいただきました。

 

*2020年3月26日開催*

〇院長の気まぐれ講演会パート2 院長

今回は予めお伺いした質問項目に沿ってお話ししました。
昨今は新型コロナウイルスに関する話題ばかりでみなさん不安な毎日が続いています。未だ十分なデータはありませんが糖尿病患者さんも感染すると重症化しやすい基礎疾患の一つに挙げられます。糖尿病と感染症の話を中心に、これらを対策するためにも普段から良好な血糖を維持しておく必要があることをお話していただきました。

〇糖尿病と感染症について 管理栄養士

日頃から良い血糖を維持するには食事療法が不可欠です。免疫力を高めるためにもついたくさんの栄養を摂らなくてはと考えがちですが基本はバランス食です。また、感染の予防の一つに手洗いが有効とされています。正しい手洗いの方法についてみなさんと再確認しました。

〇試食について

今回は「抹茶と豆乳のなめらかプリン」を試食していただきました。糖質ゼロの甘味料を使用しました。「さっぱりとして食べやすい。」「甘さもちょうど良い」といった感想をいただきました。

 

*2020年1月25日開催*

〇検査について 看護師

糖尿病の検査はもちろん、合併症を調べる検査についてお話ししました。何のために行うのか理解して検査を受けると、検査に興味がわき、治療に対する気持ちに変化が出てくると思います。そして今回の内容で定期的な検査の大切さを感じていただけたと思います。

〇食事のいろは 管理栄養士

糖尿病治療の基本は食事です。食事を見直すことで糖尿病の状態を良好にしたり、悪化を防いだりします。わかっているけどなかなか実践できないという方にはできそうなことを一つでも見つけていただき、すでに取り組んでいるという方には他にできることはないか食生活を見直していただきました。

〇試食について

今回は「歯ごたえ抜群!ごぼうと人参のさっぱり和え」を試食していただきました。食材を大きめに切り、噛む回数を増やすことで食べ過ぎを抑えるレシピとなっています。また、ごぼうの食物繊維で血糖値の急上昇も防いでくれます。
患者様からは「さっぱりしていておいしい。」「噛むことの大切さがわかりました。」といった声をいただきました。

 

*2019年12月19日開催*

〇フットケアについて 看護師

血糖値が高い状態が続くと、血液の流れが悪くなったり、細菌などに対する抵抗力が落ちます。そのため、少しの傷でもしっかりと手入れしなければいけません。特に足は見る機会が少ないため注意が必要です。今回はフットケアのポイントをお話しし、実際にどのような状態になるのか写真を見ていただきました。夏に比べてはだしになる機会は少ないと思いますが、毎日足をチェックすることが大切だということを学んでいただきました。

〇年末年始の過ごし方 管理栄養士

年末年始はクリスマスや忘年会、新年会、家族や親戚で集まったりと楽しい行事が続きます。一方で、美味しいものを食べる機会が多くなり、運動不足になる時期でもあります。そのため体重増加、血糖コントロールが乱れるなど、普段の生活スタイルを保つのが難しくなります。そこで、血糖値を良好に保ちながら、楽しく過ごすために気を付けていただきたいことをお話ししました。

〇試食

今回は「レンジで簡単!スパニッシュオムレツ」を試食していただきました。卵と具材を混ぜてレンジにかけるだけなので、忙しい朝にもぴったりです。また、具材は冷蔵庫にあるものなら何でも良いです。試食ではクリスマスにも使えるように赤パプリカ、ほうれん草、玉ねぎを使いました。参加していただいた方からは簡単にできておいしいとのお声をいただきました。